TitanFX(タイタンFX)

TitanFXのスプレッドを解説!他社との比較もします。

TitanFXはスプレッドが非常に狭い海外FX業者として紹介していますが、実際どのくらい狭いのか?という疑問にお答えします。

TitanFXの主要通貨ペアスプレッド

TitanFXの主要通貨ペアのスプレッドについて、スタンダード口座とブレード口座を比較しながら解説します。

TitanFXのスタンダード口座(STP)スプレッド

TitanFXのスタンダード口座の主要通貨ペアのスプレッド一覧です。

通貨ペア 平均スプレッド
USD/JPY 1.3pips
EUR/JPY 1.7pips
GBP/JPY 2.4pips
AUD/JPY 2.1pips
EUR/USD 1.2pips
GBP/USD 1.5pips
AUD/USD 1.5pips

スタンダード口座に取引手数料は無いため、平均スプレッドがそのまま実質スプレッドになります。

TitanFXブレード口座(ECN)のスプレッド

TitanFXのブレード口座の主要通貨ペアのスプレッド一覧です。

通貨ペア 平均スプレッド 実質スプレッド
USD/JPY 0.3pips 1.0pips
EUR/JPY 0.7pips 1.4pips
GBP/JPY 1.4pips 2.1pips
AUD/JPY 1.1pips 1.8pips
EUR/USD 0.2pips 0.9pips
GBP/USD 0.5pips 1.2pips
AUD/USD 0.5pips 1.2pips

ブレード口座にはスプレッドの他に、取引手数料(0.7pips/lot)がかかります。

実質スプレッドは、平均スプレッドに取引手数料を追加したものです。

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座を比較

主要通貨ペアの実質スプレッドで、スタンダード口座とブレード口座を比較しました。

通貨ペア スタンダード口座(STP) ブレード口座(ECN)
USD/JPY 1.3pips 1.0pips
EUR/JPY 1.7pips 1.4pips
GBP/JPY 2.4pips 2.1pips
AUD/JPY 2.1pips 1.8pips
EUR/USD 1.2pips 0.9pips
GBP/USD 1.5pips 1.2pips
AUD/USD 1.5pips 1.2pips

実質スプレッドでは、ブレード口座の方がスタンダード口座よりも低水準となっています。

他の海外FX業者との比較

TitanFXのスプレッドについて、他の海外FX業者(XM、Axiory)と比較をしてみました。

通貨ペア TitanFXのスプレッド
(ブレード口座)
XMのスプレッド
(Zero口座)
Axioryのスプレッド
(ナノスプレッド口座)
取引手数料 往復0.7pips/lot 往復1.0pips/lot 往復0.6pips/lot
USD/JPY 1.0pips
(0.3pips)
1.4pips
(0.4pips)
1.0pips
(0.4pips)
EUR/JPY 1.4pips
(0.7pips)
1.7pips
(0.7pips)
1.3pips
(0.7pips)
GBP/JPY 2.1pips
(1.4pips)
2.0pips
(1.0pips)
2.3pips
(1.7pips)
AUD/JPY 1.8pips
(1.1pips)
2.0pips
(1.0pips)
1.5pips
(0.9pips)
EUR/USD 0.9pips
(0.2pips)
1.4pips
(0.4pips)
1.0pips
(0.4pips)
GBP/USD 1.2pips
(0.5pips)
1.4pips
(0.4pips)
1.5pips
(0.9pips)
AUD/USD 1.2pips
(0.5pips)
1.60pips
(0.6pips)
1.2pips
(0.6pips)

上:取引手数料を含めた実質スプレッド
下:()内がスプレッド

XMでスキャルピング向けと言われている「XM Zero」口座には完勝しています。

TitanFXと同じくスキャルピング向けと言われているAxioryとはほぼ変わりません。

TitanFXのスプレッドまとめ

TItanFXは他の海外FX業者と比較してもスプレッドが狭いです。

EA(自動売買プログラム)や裁量スキャルピングにはスプレッドが非常に重要であるため、TitanFXは有利な条件で取引できる業者だと言えます。