TitanFX(タイタンFX)

TitanFXの両建てが可能なケースを解説します

TitanFXは両建てを全面的に認めている業者です。

この記事では、TitanFXの両建てについて解説します。

両建てとは

両建てとは、「1つの通貨ペアで買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションを同時に持つ」ことを言います。

トレンド発生中の戻りを取ったり、経済指標など大きく動きそうなタイミングに備えたりする際に使用されます。

TitanFXで両建ては可能か?

TitanFXでは両建てを全面的に認めています。

両建ては以下のようなケースが考えられますが、TitanFXでは全て認められています。

・同一口座内の両建て
・TitanFXの複数口座間の両建て
・TitanFXと、TitanFX以外の業者間の両建て

業者によっては両建てを認めていないケースも多いため、これは大きな特徴です。

TitanFXで両建てするメリット

両建てをするメリットは以下の3点です。

長期トレンド発生中に短期的な戻りを取れる

長期トレンド発生中に短期的な反発ポイントが予想できている場合、そこで反対方向のポジションを持つことができます。

例え長期的なトレンドが発生していても、価格は上がったり下がったりを繰り返しながら動くため、一方的に動き続けるパターンはあまりありません。

トレンドに合わせたポジションを持ちつつ、短期的に仕掛けられるポイントで両建てをすることで時間効率良く利益を重ねることができます。

損益を固定して一時的な損失を回避できる

保有しているポジションが含み損になった際、同ロットで両建てして損益を固定することができます。

それぞれのポジションが含み益になったタイミングで決済出来れば、損失が発生しなくなります。

これはレンジ相場の時に有効で、価格が戻ると予想できれば効率的に利益を積み重ねることができます。

価格が大きく上下する時を狙い撃ちできる

経済指標など価格が大きく動くことが予想されるとき、両建てを活用することで利益を狙うことができます。

具体的には、価格が動く直前に両建てをして利確と損切を一定の幅にセットします。

価格が大きく動くと片方は損切されますが、もう片方は含み益が膨らむため大きく動くほど利益が大きくなります。

TitanFXで両建てするデメリット

メリットがある反面、以下のデメリットがあります。

取引手数料が2倍かかる

両建ては最低2つのポジションを持つことになるため、通常取引の2倍の取引手数料(スプレッド)がかかります。

両建てが建値で決済されたときには、利益は0円ではなく取引手数料(スプレッド)分がマイナスになります。

あまり乱発しているとコストがかかるため、使いどころを見極める必要があります。

ポジションを手放すタイミングが難しい

両建ての性質上、片方のポジション利確後、残ったポジションの含み損が減らないと利益になりません。

そのため、相場の反転ポイントを正確に読む必要があります。

思い通り反転した時は問題ないのですが、読みを外した際に大きな含み損を抱えてしまうリスクがあります。

TitanFXで両建てする際の注意点

両建てについて、私が感じる注意点を紹介します。

異なる業者間の両建てはしない方がいい

TitanFXでは異なる業者間の両建てを認めていますが、基本的にやらない方がいいです。

TitanFXはOKでも、もう片方の業者では違反扱いというケースがあるからです。

両建てはTitanFXの口座内でのみ使用することをおススメします。

慣れてないと難しい

両建ては上手く使えば強力な手法ですが、使うタイミングが非常に難しいです。

安易に両建てをすると損失ばかり膨らんでしまうため、乱用することはおススメしません。

両建てに慣れると損切の感覚も身につかなくなるため、両建てはここぞ!という時だけ使うようにしましょう。

TitanFXの両建て

TitanFXは両建てを全面的に認めています。

約定力が高くスプレッドも狭いため、両建てに向いている業者と言えます。

しかし、両建ては難しい手法のため安易に使用するのではなく、狙いすましたポイントのみで使用することをおススメします。