TitanFX(タイタンFX)

TitanFxの安全性や信頼性をわかりやすく解説します。

海外FX業者の中には、残念ながら詐欺のような業者も存在しています。

本サイトで紹介しているTitanFXも海外FX業者であるため

「詐欺にあったりしないか?」
「出金トラブルはないのか?」
「安全性は大丈夫なのか?」

こういった疑問を持たれる方もいるかと思います。

そこで、この記事ではTitanFXが安全な理由について解説します。

TitanFXの金融ライセンスについて

TitanFXは、バヌアツ共和国の金融ライセンスを取得しています。
バヌアツ共和国は海外FX業者の中であまりライセンスを取得されることがない、マイナーな国です。

しかし、キプロス証券委員会(XMを始めとする海外FX業者が取得している)とほぼ同じ基準で審査されていると言われています。
よって、TitanFXの金融ライセンスは安全性が高いです。

TitanFXの資金管理

バヌアツ共和国の金融ライセンスには、信託保全制度が義務付けられていません。
信託保全制度とは、万が一FX業者が破綻してしまった場合に信託保全されている範囲内の顧客の資産は返還されるというものです。

しかし、TitanFXはバヌアツ共和国のライセンスとは別に、オーストラリアにあるNational Australia Bank(NAB)で信託保全を行っています。

さらに、顧客の資産は「完全分離管理」ポリシーによって管理されているので、顧客の資金をTitanFXの運営資金として使用するすることはありません。

よって、信託保全制度があり、「完全分離管理」されているのでTitanFXの資金管理は安全と言えるでしょう。

TitanFXの出金トラブル

SNSや海外FX業者の口コミを見ても、TitanFXで出金トラブルがあったと書かれているのを私は見たことがありません。

実際に私が取引を行っている際も、出金拒否をされたことはありません。

TitanFXで出金拒否を心配する必要はありません。

TitanFXは金融庁から警告を受けたことがある?

TitanFXは日本の金融庁から警告を受けたことがあります。
日本の金融庁でのライセンスを取っていないため、公式HPで無登録業者として掲載されています。

しかし、安全性に問題はありません。
そもそも海外FX業者は日本の金融庁のライセンスを取る必要がないのです。

海外FX業者の拠点がある国でライセンスを取得しています。

よって、日本の金融庁から警告を受けたことに関して、安全性に問題はありません。

TitanFXの安全性は高い

TitanFXは、バヌアツ共和国のライセンスを取得しているため安全性に問題はありません。

資金管理も信託保全制度があり、顧客の資産は完全分離して管理されています。

以上のことから、TitanFXで取引をするのは安全です。