TitanFX(タイタンFX)

TitanFXとXMを比較!おすすめはどっち?

TitanFXとXMを比較し、どちらで取引すれば良いのかと悩まれている方必見です!

私はどちらも使用したことがありますので、トレーダー視点での比較を紹介します。

TitanFXとXMの比較表

TitanFXとXMを表で比較してみました。

TitanFX XM
レバレッジ 最大500倍 最大888倍
レバレッジ制限 なし あり
追証 なし(ゼロカットシステム) なし(ゼロカットシステム)
スプレッド 狭い 広い
ボーナス なし あり
取引方式 NDD方式 NDD方式
取引ツール MT4/MT5(メタトレーダー) MT4/MT5(メタトレーダー)
通貨ペア 77 57
入出金方法 クレジットカードなど クレジットカードなど
口座の有効期限 なし あり
サポート 日本語で対応可能 日本語で対応可能

TitanFXとXMの比較

項目ごとにTitanFXとXMの比較を解説します。

レバレッジ

TitanFXは最大500倍であるのに対し、XMは最大888倍です。

レバレッジについてはXMの方が優れていると言えます。

ただ、ハイレバと言っても実際は200~300倍での取引を行うことがほとんどです。

888倍でも500倍でも体感はあまり変わらないでしょう。

追証

TitanFXも、XMも追証はありません。

ゼロカットシステムがあるため、ハイレバレッジのFX取引を行っても借金の心配がありません。

スプレッド

主要通貨ペアのスプレッドを比較した表です。

通貨ペア TitanFX
(ブレード口座)
XM
(スタンダード口座)
USD/JPY 1.0pips 1.6pips
EUR/JPY 1.4pips 2.6pips
GBP/JPY 2.1pips 3.5pips
AUD/JPY 1.8pips 3.4pips
EUR/USD 0.9pips 1.6pips
GBP/USD 1.2pips 2.3pips
AUD/USD 1.2pips 1.8pips

TitanFXのほうが、XMよりスプレッドが低いです。

スプレッドは取引回数が増えるほど負担が大きくなるため、スキャルピングのような短期取引の方はTitanFXの方が向いているでしょう。

ボーナス

TitanFXは、ボーナスが一切ありません。

一方、XMはボーナスがあります。

  • 口座開設時に3000円分
  • 初回入金時に入金額の100%分(最大500ドル)
  • 2回目以降の入金時に入金額の20%分

ただし、取引に使うことはできますが出金はできません。
また、出金や口座間資金移動でボーナスは消えてしまうので注意が必要です。

私は、ボーナスがないTitanFXをおススメします。
理由は2点あります。

1点目は、FX業者が顧客満足度を上げるために行っている方針の違いについてです。
XMはボーナスにお金を集中させて顧客を獲得する方針です。
一方、TitanFXは、ボーナスにはお金をかけずに機能やサービスを充実させて顧客満足度を上げる方針です。

XMのボーナスは口座開設時や初回入金時など初期のボーナスは充実していますが、長期的に運用するに従いボーナスの恩恵は減ります。
長期的にFX投資を行うのであれば、機能やサービスを充実させるためにお金をかけるTitanFXのほうが良いと考えられます。

2点目は、ボーナスを受け取る制約に振り回されがちなことです。
XMのボーナスは期間限定や金額の条件があるので、ボーナスを受け取ろうとすると取引のペースを乱されてしまいがちです。
TitanFXでは、ボーナスを気にせず自分のペースで最適な環境で取引を行うことができます。

以上の2点から私はボーナスがないTitanFXをおススメします。

取引方式

TitanFX、XM共にNDD方式(FX業者が仲介することがなく透明性が高い)で取引を行うことができます。
取引回数が多いほどFX業者は儲かるため、トレーダーが取引しやすいようハイレバレッジ、ゼロカットシステムを用意しています。
ちなみにNDD方式では取引回数に制限がないため、スキャルピングや自動売買で取引することもできます。

取引ツール

TitanFX、XM共に、MetaTrader(MT4とMT5)という高機能なツールを使用することができます。
MT4やMT5は、海外FX業者では広く使われており、豊富なインジケーターや洗練されたプラットフォームで快適な取引環境を提供しています。

通貨ペア

TitanFXでは77種類、XMは57種類の通貨ペアの取引を行うことができます。

TitanFXのほうが少し取引できる種類が多いです。

入出金方法

TitanFXの入金方法は、以下の4通りあります。

入金方法 最低入金額 入金手数料
クレジットカード
(VISA/Master)
下限なし 無料
bitwallet
(ビットウォレット)
下限なし 無料
国内銀行送金 100,000円 無料
STICPAY 約3000円 無料

TitanFXの出金方法は、以下の4通りです。

出金方法 着金日数 出金手数料
クレジットカード
(VISA/Master)
即時反映 無料
bitwallet
(ビットウォレット)
即時反映 824円
STICPAY 即時反映 無料
海外送金 2~3営業日以内 約1700円

一方、XMは入金方法は、以下の4通りあります。

入金方法 最低入金額 入金手数料
国内銀行送金 下限なし 1万円以上で無料
クレジットカード VISA:500円
JCB:10000円
無料
bitwallet
(ビットウォレット)
500円 無料
BXONE
(ビーエックスワン)
500円 無料

TitanFXの出金方法は、以下の3通りです。

出金方法 着金日数 出金手数料
クレジットカード
(VISA/Master)
即時反映 無料
bitwallet
(ビットウォレット)
即時反映 824円
海外送金 2~3営業日以内 約1700円

口座の有効期限

TitanFXでは、口座を開設してから有効期限はありません。

一方、XMは口座開設し90日間取引がないと、休眠状態となります。
休眠状態になると、ボーナスが消滅し口座維持手数料(500円/1か月)がかかります。
また、口座残高が0円になってから90日間取引を行わないと凍結状態になります。
凍結状態を解除するには、再度口座開設の申請が必要です。

税金

TitanFX、XM共に海外FX取引で得た利益にかかる税金は、金額が増えるほど税率が上がります。

利益 所得税率 控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195~330万円以下 10% 97,500円
330~695万円以下 20% 427,500円
695~900万円以下 23% 636,000円
900~1800万円以下 33% 1,536,000円
1800~4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円~ 45% 4,796,000円

日本語対応

TitanFX、XM共に、日本語に対応しているため日本語で問い合わせすることができます。
どちらのFX業者も問い合わせをしたことがありますが、すぐに日本語で返信が来ました。

海外FX業者だからといって、英語がわかる必要はありません。

TitanFXとXMを比較した結果まとめ

TitanFXは、XMに比べ

  1. スプレッドが低く
  2. ボーナスに振り回されることなく
  3. 口座の有効期限を気にすることなく

取引することができます。

特にボーナスに関しては、あればお得と思いがちですが、実際に使用してみると制限が多く自由な取引や出金の妨げになることがあるので私はおススメしません。

多くのメリットがあるTitanFXでぜひ取引を始めてみましょう。

【2021年最新版】TitanFXの口座開設方法の全手順まとめTitanFXの口座開設は、公式サイトから情報を入力するだけで行えます。 この記事では、TitanFXの口座開設方法の全手順を解説...