TitanFX(タイタンFX)

国内FX業者と比較し、TitanFXをおススメする理由

国内FX業者(例としてDMM FX)とTitanFXを比較してみました。

私はどちらも使用したことがありますので、トレーダー視点での比較を紹介します。

TitanFXと国内FX業者の比較表

TitanFXと国内FX業者(例としてDMM FX)を表で比較してみました。

TitanFX DMM FX
レバレッジ 最大500~1000倍 最大25倍
追証 なし(ゼロカットシステム) あり
スプレッド 広い 狭い
ボーナス なし あり(厳しい条件)
取引方式 NDD方式 DD方式
取引ツール MT4/MT5(メタトレーダー) 独自のツール
取引銘柄 多い 少ない
入出金方法 複雑 簡単
税金 利益額に応じて変化(5~40%) 20%
サポート 日本語で対応可能 日本語で対応可能

TitanFXと国内FX業者の比較

項目ごとにTitanFXと国内FX業者(例としてDMM FX)の比較を解説します。

レバレッジ

TitanFXは最大500倍であるのに対し、DMM FXは最大25倍です。
国内FX業者は、日本の金融庁によって最大25倍までと決められているためです。

高いレバレッジをかけることができれば、少額でも大きな利益を得るチャンスがあります。

追証

TitanFXでは、ゼロカットシステムがあるため追証がありません。
一方、DMM FXでは追証があり、残高以上の損失を出すと借金を背負うことになります。

ゼロカットシステムがあるため、TitanFXでハイレバレッジのFX取引を行っても借金の心配がありません。

スプレッド

主要通貨ペアのスプレッドを比較した表です。

通貨ペア TitanFX DMM FX
USD/JPY 1.0pips 0.2pips
EUR/JPY 1.4pips 0.5pips
GBP/JPY 2.1pips 1pips
AUD/JPY 1.8pips 0.7pips
EUR/USD 0.9pips 0.4pips
GBP/USD 1.2pips 1pips
AUD/USD 1.2pips 0.9pips

DMM FXのほうが、スプレッドは低いです。

しかし、取引時間の終了前後、経済指標の発表時など、市場環境の変化や流動性の低下等によりスプレッドが広がる幅はDMM FXのほうが広いです。

TitanFXのほうが、スプレッドが安定した環境で取引ができます。

ボーナス

TitanFXは、ボーナスが一切ありません。

一方、DMM FXは口座開設してから3か月以内に新規取引を500Lot以上すると2万円のキャッシュバックがあります。
ちなみに500Lotは、ドル円を100円と仮定すると50億円です。
とても取引できる額ではありませんので、ボーナスが適用される人はわずかです。

取引方式

TitanFXはNDD方式(FX業者が仲介することがなく透明性が高い)で取引を行うことができます。
取引回数が多いほどFX業者は儲かるため、トレーダーが取引しやすいようハイレバレッジ、ゼロカットシステムを用意しています。
ちなみにNDD方式では取引回数に制限がないため、スキャルピングや自動売買で取引することもできます。

一方、DMM FXではDD方式(FX業者が仲介し、決済されるかどうかはFX業者の判断になり不透明)で取引を行います。
投資家が損をするほど業者が儲かるため、不利な条件での取引やレート操作等の恐れがあります。

取引回数が増えるほどTitanFXは儲かるので、トレーダーとwin-winの関係性

取引ツール

TitanFXでは、MetaTrader(MT4とMT5)という高機能なツールを使用することができます。
MT4やMT5は、海外FX業者では広く使われており、豊富なインジケーターや洗練されたプラットフォームで快適な取引環境を提供しています。

一方、DMM FXは独自の取引ツールがあります。
見やすい取引ツールですが、インジケーターの種類が少ないうえ、表示できる数も限定されています。

取引銘柄

TitanFXでは70種類以上の通貨ペアに加え、石油などのエネルギーや金などの貴金属の取引も可能です。
様々な取引ができるので、リスク分散することができます。

一方、DMM FXは20種類の通貨ペアの取引を行うことができます。

入出金方法

TitanFXの入金方法は、以下の4通りあります。

入金方法 最低入金額 入金手数料
クレジットカード
(VISA/Master)
下限なし 無料
bitwallet
(ビットウォレット)
下限なし 無料
国内銀行送金 100,000円 無料
STICPAY 約3000円 無料

TitanFXの出金方法は、以下の4通りです。

出金方法 着金日数 出金手数料
クレジットカード
(VISA/Master)
即時反映 無料
bitwallet
(ビットウォレット)
即時反映 824円
STICPAY 即時反映 無料
海外送金 2~3営業日以内 約1700円

一方、DMM FXは入出金共に銀行送金のみです。
入金手数料は銀行により異なりますが、トレーダーの負担になります。
出金手数料はDMM FXが負担してくれるので無料です。

TitanFXは、入出金方法の種類が豊富です。
DMM FXは銀行送金しかありませんが、決済されるまでの期間は短いです。

税金

DMM FXで得た利益にかかる税金は一律20%です。

一方、TitanFXで得た利益にかかる税金は、金額が増えるほど税率が上がります。

利益 所得税率 控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195~330万円以下 10% 97,500円
330~695万円以下 20% 427,500円
695~900万円以下 23% 636,000円
900~1800万円以下 33% 1,536,000円
1800~4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円~ 45% 4,796,000円
結論:利益が330万円以下であれば、DMM FXより減税できます

日本語対応

TitanFXでは、日本語に対応しているため日本語で問い合わせすることができます。
私も何度か問い合わせをしたことがありますが、すぐに日本語で返信が来ました。
海外FX業者だからといって、英語がわかる必要はありません。

一方、DMM FXは日本の業者なので日本語対応はもちろん可能です。

国内FX業者よりTitanFXでFX取引をおススメします

TitanFXでは、

  1. ハイレバレッジで
  2. リスクを低くして(ゼロカットシステムにより追証なし)
  3. 安心の取引方式で(トレーダーとFX業者の関係がwin-win)
  4. 高機能取引ツールで(MT4とMT5)
  5. 豊富な取引銘柄を(70種類の通貨ペア+貴金属取引など)
  6. 日本語だけを使って

取引することができます。

1つ懸念点としては、入出金方法はやや煩雑ですが特に出金拒否などが起こることはありません。

多くのメリットがあるTitanFXでぜひ取引を始めてみましょう。